ちふれ・・・いいかも!

 

マスク着用が日常になり、気が付くと鼻だけ皮膚が硬くなったような、ザラザラしたような、毛穴が広がったような、変な感じになってました。

 

顔を洗っているときに鼻の周りだけ感覚が違うので気になってピーリングしたり、パックしてみたりしたのですが、一向に良くならず。

 

マスク生活が終わるまでこのままなのか・・・と、半場諦めておりました。

 

たまたま、ドラッグストアで前から気になっていたちふれの美白美容液(W)を買って使ってみた翌日のこと・・・

 

鼻の皮膚の感覚が元に戻っていたのです!!!

シミのために買った美容液でまさかの効果(^^♪

 

ちふれの美白美容液・・・とてもコスパ良いのに効果が高いとyoutubeなどでも話題だったのですが、鼻の皮膚が良くなるなんて〜!

 

ちふれ化粧品、最近はコスパが良いので口紅などは使っていまして、基礎化粧品も気になっていたのですが・・・使ってみて正解でした!鼻の毛穴も目立たない気がします!

 

今使っている化粧品がなくなり次第、順次ちふれに変えていこうと思っています。

 

化粧品って個人差があるから、なかなかこれ!というものに出会えず、ずっとジプシーしてましたが、もしかしたら、自分史上一番合うものに出会えたかも???

 

なによりお財布に優しいのが一番です。

 

 

 

 

 

 

愛すべき変態たち

 

最近のハマリものは中田敦彦ののyoutube大学ですが・・・

 

他にもハマったのは・・・「ゴールデンカムイ」なのです。

 

この漫画は明治末期の北海道・樺太を舞台にした金塊をめぐるサバイバルストーリーです。ウポポイがオープンするにあたってアイヌ文化についてのTV番組をたまため見ていたら、この漫画をきっかけにアイヌの文化に興味を持つ人たちが増えているということを紹介していて興味を持ったのが始まりです。

 

たまたまアマゾンプライムでアニメが見られたので、見てみたら面白くて面白くて!

それにわが街小樽が結構舞台になっていて、見慣れた風景だったり鰊御殿が出たりして、もうすっかりハマってしまったのです。

 

そして、どうしても漫画が欲しくなって・・・22巻全部一気に大人買いしました〜(笑)

 

いやー。

でも買ってよかった(^^♪

 

漫画を買うこと自体久しぶりなのです。

ガラスの仮面49巻以来?(50巻まだかな〜?)

高校一年までは本気で漫画家になろうと思っていたので、若いころはお小遣いのほとんどを漫画に費やした私ですが、最近ではすっかり漫画離れしておりました。

 

夫は面白いと言ってましたけれど、私ほどはハマらないみたい。

なんでか考えてみたのですが、沢山の変態が出るからなのかも?と思いました。

 

それはそれは色んな変態が沢山出るのです。

 

そこで、気づきました・・・もしや私は変態が好きなのかも?と。

 

中田敦彦も自分のことを時々「変態」と言いますし、私が好きな香川照之さんもある意味昆虫好きの変態ですし。

 

何か熱意をもって一つのことに取り組む人ってはたから見れば変態に見えますよね・・・

 

そういう人が好きなのかも。

 

男の人でも女の人でもオタク気質の人って尊敬しちゃう。

私はそこまで全集中して全神経を傾けるまでの情熱を持てないから。

 

実写化されたら、誰にこの役をやってもらいたいかな〜って妄想して楽しんでます(^^♪

 

 

弔辞について考えてみる

前回のブログでもお伝えしましたが、中田敦彦のyoutube大学をおっかけで見ていますが、あと残り2週間分となりました!

 

これまで見た中で、興味深かった内容が何個かありますがその中で「7つの習慣」という本についての回でかなりドーーンっと心に突き刺さったので紹介します。

 

この本、世界で3000万部うれてる本だそうです!

 

その本の2つ目の習慣について、とてもためになると思いました。

それは自分の葬式の時に誰に参列してもらいたいか、そして弔辞でなんと言われたいかを考えるということなのです。

 

それが本当の自分の望みであり、自分が思う成功した姿だということだというのです。

 

例えばお金持ちになりたいと思っていたとして弔辞で友人知人が「あなたはとてもお金を貯めましたね。すごいです。大きい家も建てたし海外には別荘もあって、いつもファーストクラスで旅行に行ってましたね。車も沢山持ってました。」と言われたいですか?ということなのです。むむむっと思いました。どう死にたいかを考えたことはあっても、弔辞について考えたことなんてなかったです。

 

私はなんて言われたいだろうか?と考えたのですが

 

思いつく言葉はやはり自分の人格のことについて言われる言葉だったのです。

 

スタイルがいいとか、若く見えるとか、そういうことではなかったのです。

 

そこで自分が本当に望んでいることはそういうことで、今自分が求めていることは本当の望みではないと気づかされました。

 

自分がどうなりたいかを想像して、そのための「個人憲法」を作成し、それを行動の原則とするのだということなのだそう。

 

目からウロコでした。

 

終わりを想像して、自分に守らせる憲法をつくり、それを原則として行動する。

 

簡単なことのようで難しい。

 

だから、教えとかではなく「習慣」なんですね。

 

人間は弱い生き物なので、すぐに自分の都合の良いように考えや物事をゆがめてしまう生き物だから、習慣にして自分の体の中に取り込んでいかなくてはいけないのだということなんですよね。

 

習慣化するまでが大変だし、習慣にしても意識をしていないと忘れてしまうのが人間。

 

この他にも沢山の教えがありますが、この二番目の習慣が一番心に響きました。

忘れないようにブログに書いておこうと思います。

 

 

 

 

最近のハマリものと検診

最近ハマっているものがあります。

 

もっと早く見ていたら、休業中に全部見られたのにー!!!

・・・と思うのですが、オリエントラジオの中田敦彦のYoutube大学です。

 

ここ最近テレビで見ないなぁ〜とは思っていました。ネットニュースの見出しで「干された?」とか見かけてましたが、悪口だと思ってクリックする気になれずにいたのでyoutuberになっていたとは全然知らず。

 

テレビで映画のキングダムが放送されたときに、そういえば以前アメトーークでキングダム芸人をやっていたことを思い出し、その時は漫画も読んでないしアニメも見てないなかったのに面白かったことを覚えていて、映画を見た今見直したらもっと面白いのでは?とyoutubeで検索したところ、その時中田敦彦の「秦の始皇帝」の動画も関連動画として出てきて、見てみたら面白いし他の気になる動画を見始めたら止まらない止まらない!

 

以前から彼のプレゼン力には注目していました。

勉強大好き芸人やしくじり先生のときの熱の入ったトークがとても好きだったので、こうやってyoutubeで見ることが出来てとてもうれしいです。(アンチもいるとは思うのですが、私は熱のこもったトークをする人が好きです。香川照之さんとか林先生とか)

 

1年前から始まったyoutubeをさかのぼって、見ています。

本当は最近のも見たいのです、でも、根が真面目な私はぐっとこらえて過去の動画を一つ一つみております(笑)

ようやく8か月前まで見終わりました。1週間に1か月分を消化する形なので、追いつくまでどのくらいかかるのかな?

・・・半年以内には追い付けそう?

 

学生時代、理解というより暗記だった歴史や現代社会に関して、とても勉強になっています。特に現代社会に関してはずっと興味が持てずにいたので目からうろこの話ばかり。アジアのことなんて近いのに全然知らなかったことばっかり!

 

選挙のこと、古事記、アメリカの選挙についてだったり、年金のことについても学べてとても参考になりましたし、歴史や現代社会だけじゃなく、偉人伝や小説などに関しても面白く学べました。5Gやブロックチェーンとかテレビでよく聞いたけど、自分に関係ないやーっと調べることすらしていなかったことなんかも、面白く知ることが出来ました。

 

ひとつひとつ深く掘り下げるよりは、ざっくり大まかな流れをつかんで、興味を持ったら自分で勉強したり考えてね、というスタンスが私にとてもあっていると思います。

 

学生時代にこんな先生に教わっていたら、良かったのになって思います。

 

でも、50歳からだってこれから勉強していけばいいのです!

 

平均寿命で言えばあと少なくとも30年はあるわけですし、その30年でいままで通り見て見ぬふりで生きていくのか、疑問に思ったことを学び続けていくのか、死ぬときに「色々大変なこともあったけど、充実した楽しい人生だったな〜」って思って死ねたらいいなって思うのです。自己満足でいいんです。一生懸命、精一杯生きていたらそれでいいと思います。

 

さて、話は変わって、22日は3か月ごとの検診でした。

 

今回は入口に体温を測る人はいませんでした。ある程度感染者数が減ったからでしょうか?

血液検査の結果は前回よりも良い状態だったと思います。

前回アレルギー反応を示していた数値は正常でしたので、安心しました。

 

ずっと以前からの数値を見直してましたら、ステロイドが5mgになってから白血球の数値が正常になり血液的に見ても順調なのだと思います。

 

あとは薬を減らすことが出来るのかどうか・・・?

 

焦らず、もう少し様子を見て、先生に相談したいと思っています。

 

 

 

 

 

食生活を変えない限り痩せないのです

やっと約1か月半の休業が終わり、2日からレッスンを再開しました〜 (^^)/

 

休業期間中に体重が2キロ増えて、あれからもずっと戻らず・・・。運動をしているおかげなのか太りはしないけれど、全然減りません。あれからもyoutubeでやたらに目に付く「地獄の・・・」とか「1日10分で痩せる」とか「HIIT」以外にも話題のエクササイズ動画を色々やってみました。


なんで体重が落ちないんだろう?と不思議でした。レッスンをしているときは週末にいつも2キロぐらい増えて、レッスンを始めるとするするっと1キロは減ってそれから週末にかけて徐々に元に戻っていたからです。
 
それで「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割」という本を読んでみました。その著者のyoutubeを時々見ていて参考にしていたので、運動指導している人が「運動は1割」・・・って?と興味がわいたからです。

 

そこには『痩せない人は今の食生活を変えずに運動をプラスして痩せようとする』・・・と書いてありました。著者いわく、「ほとんどの人は運動だけのダイエットでは結果を出せていない」ということ。ダイエットを運動だけでなんとかしようとするのは、はっきり言って無謀であり非効率だと。
                 
あちゃーっと思いました。私も運動だけで体重を戻そうとしていたから。
                  
普段の週末はレッスンがないから昼からビールを飲んだり、だらだら食べたり、外食をしたり、ジャンキーなお菓子や甘いものや炭水化物の多い食事に偏っていましたから増えるのは当然なのです。それはわかってました。でも、レッスンを始めると元に戻るので ゛動けばもとに戻せる “ のだと思い込んでいたことに気づかされたのです。
                 

よくよく考えればレッスン日は食事をしたすぐあとだと消化に悪いので食後2時間あけて動くようにしていますから、必然的に間食しなくなります。そして夜のレッスンが終わった後は8時過ぎているので、10時に就寝の私は胃の負担を減らすため少ししか食べないようにしています。

 

そうです、レッスン中は食事が週末とは違ったのです!食生活を変えずに体重が戻っているわけではなかったことに今更ながら気が付いたのでした。(;^_^A

 

休業中の前半は毎日が週末状態で心も体もやさぐれてました・・・そりゃ太ります。

 

それに運動で減らせるカロリーってそんなに多くないんですよ。

 

だから、すごく運動しているアスリートでも太っている人いますし、運動して痩せるならお相撲さんは・・・?って気づくはずなんですよね。お相撲さんがちゃんこを沢山食べているのは、運動すると痩せちゃうからなんだな〜と思ってませんか?私もそう思っていたんですけれど、体を大きくするために食べているんだと思います。

 

人間は物事を自分の都合の良いようにとらえる生き物なのです。

 

ダイエットに失敗している人は食との向き合い方を変えていくことが必要なんです。今まで色んなダイエットに挑戦しては失敗してきているんです。一時的に食事を制限するような極端なダイエット法に挑戦して続かず挫折したり、成功しても辞めたらリバウンドしてしまう。そして食べることが大好きだから、食事を変えずに運動で痩せようとしてしまう。

 

最近は筋トレがブームですから成功している人の体を見て、あこがれるのはわかります。私も否定はしません。でも筋トレで良い体を維持している人の多くはとても食事に気を使っていますので、そこもちゃんと理解する必要があります。

 

24時間すぐに食べたいものが手に入る時代なので、食べたいものを食べたいだけ食べて痩せるなんて無理なんだと認めることなんですよね。大食いタレントじゃあるまいし、食べたら食べた分増えるのが普通なんです。
                  
そこで食生活を見直しました。夜は少なめにし、なるべく間食をせず、アルコールは夜6時以降1杯だけにするようにして、レッスン日と変わらない食事になるよう心掛け運動も続けてましたが、すぐに効果は表れず・・・。50代になれば基礎代謝が落ちてますから、結果はすぐには出ません。それでも休業要請が解除されることがはっきりしてから緊張感が出たのか、効果が出始めたのか、そこからやっと今日までに1キロ減りました。
                  
 増えるのは簡単ですが、痩せるのはホント難しいですね〜

 

24時間、好きなものが手に入る飽食の時代になったのはつい最近のこと。私たちの遺伝子には飢餓になった時のために蓄えようとする働きがまだ「ON」になっているのだと思います。

 

理論上は「摂取カロリーを減らして、消費を増やせば痩せる」のです。

 

ダイエットは足し算ではなく引き算だそうです。

 

ダイエットって体重を減らすという意味ではなく、英語では食生活という意味なんです。いつの間にか体重が減ることがダイエットという意味になっていますけれど、本来の意味に立ち返る必要があると思います。

 

そして、思うのは体重に一喜一憂せず、見た目体重が減ればそれでいいと思います。

私は1キロまだ戻せてないですけれど、サイズ的にはもとに戻ったと感じています。エクササイズの効果が少しずつ出てきて、ウエストのサイズは戻ったようですし、背中の脂肪も減ってきました。動かせば脂肪は筋肉に代わっていくのです。

 

コロナ太りを解消しようとして運動を始めた方はかなりの数いると思いますが、思うように痩せない人は食生活を見直してみる必要があると思います。だからといって極端な食事制限はダメです。そして運動は週2回ぐらいで十分なんだそうですよ。私は毎日やらないと続けられない性格なので短時間のものを日替わりでやって体が慣れないようにしていますが。

 

それに痩せたとしてもコロナが終息したとしても続けていかないとダメです。だから、短期的なものではなく、これから一生続けていける自分に合った方法を見つけて実践することが大切です。

 

休業し金銭面でもメンタル面でもまだ不安が残りますが、日常が戻ったときに「あの休業期間があったことで成長できた!」と思えるように、今後も続けていきます。