最近のハマリものと検診

最近ハマっているものがあります。

 

もっと早く見ていたら、休業中に全部見られたのにー!!!

・・・と思うのですが、オリエントラジオの中田敦彦のYoutube大学です。

 

ここ最近テレビで見ないなぁ〜とは思っていました。ネットニュースの見出しで「干された?」とか見かけてましたが、悪口だと思ってクリックする気になれずにいたのでyoutuberになっていたとは全然知らず。

 

テレビで映画のキングダムが放送されたときに、そういえば以前アメトーークでキングダム芸人をやっていたことを思い出し、その時は漫画も読んでないしアニメも見てないなかったのに面白かったことを覚えていて、映画を見た今見直したらもっと面白いのでは?とyoutubeで検索したところ、その時中田敦彦の「秦の始皇帝」の動画も関連動画として出てきて、見てみたら面白いし他の気になる動画を見始めたら止まらない止まらない!

 

以前から彼のプレゼン力には注目していました。

勉強大好き芸人やしくじり先生のときの熱の入ったトークがとても好きだったので、こうやってyoutubeで見ることが出来てとてもうれしいです。(アンチもいるとは思うのですが、私は熱のこもったトークをする人が好きです。香川照之さんとか林先生とか)

 

1年前から始まったyoutubeをさかのぼって、見ています。

本当は最近のも見たいのです、でも、根が真面目な私はぐっとこらえて過去の動画を一つ一つみております(笑)

ようやく8か月前まで見終わりました。1週間に1か月分を消化する形なので、追いつくまでどのくらいかかるのかな?

・・・半年以内には追い付けそう?

 

学生時代、理解というより暗記だった歴史や現代社会に関して、とても勉強になっています。特に現代社会に関してはずっと興味が持てずにいたので目からうろこの話ばかり。アジアのことなんて近いのに全然知らなかったことばっかり!

 

選挙のこと、古事記、アメリカの選挙についてだったり、年金のことについても学べてとても参考になりましたし、歴史や現代社会だけじゃなく、偉人伝や小説などに関しても面白く学べました。5Gやブロックチェーンとかテレビでよく聞いたけど、自分に関係ないやーっと調べることすらしていなかったことなんかも、面白く知ることが出来ました。

 

ひとつひとつ深く掘り下げるよりは、ざっくり大まかな流れをつかんで、興味を持ったら自分で勉強したり考えてね、というスタンスが私にとてもあっていると思います。

 

学生時代にこんな先生に教わっていたら、良かったのになって思います。

 

でも、50歳からだってこれから勉強していけばいいのです!

 

平均寿命で言えばあと少なくとも30年はあるわけですし、その30年でいままで通り見て見ぬふりで生きていくのか、疑問に思ったことを学び続けていくのか、死ぬときに「色々大変なこともあったけど、充実した楽しい人生だったな〜」って思って死ねたらいいなって思うのです。自己満足でいいんです。一生懸命、精一杯生きていたらそれでいいと思います。

 

さて、話は変わって、22日は3か月ごとの検診でした。

 

今回は入口に体温を測る人はいませんでした。ある程度感染者数が減ったからでしょうか?

血液検査の結果は前回よりも良い状態だったと思います。

前回アレルギー反応を示していた数値は正常でしたので、安心しました。

 

ずっと以前からの数値を見直してましたら、ステロイドが5mgになってから白血球の数値が正常になり血液的に見ても順調なのだと思います。

 

あとは薬を減らすことが出来るのかどうか・・・?

 

焦らず、もう少し様子を見て、先生に相談したいと思っています。

 

 

 

 

 

食生活を変えない限り痩せないのです

やっと約1か月半の休業が終わり、2日からレッスンを再開しました〜 (^^)/

 

休業期間中に体重が2キロ増えて、あれからもずっと戻らず・・・。運動をしているおかげなのか太りはしないけれど、全然減りません。あれからもyoutubeでやたらに目に付く「地獄の・・・」とか「1日10分で痩せる」とか「HIIT」以外にも話題のエクササイズ動画を色々やってみました。


なんで体重が落ちないんだろう?と不思議でした。レッスンをしているときは週末にいつも2キロぐらい増えて、レッスンを始めるとするするっと1キロは減ってそれから週末にかけて徐々に元に戻っていたからです。
 
それで「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割」という本を読んでみました。その著者のyoutubeを時々見ていて参考にしていたので、運動指導している人が「運動は1割」・・・って?と興味がわいたからです。

 

そこには『痩せない人は今の食生活を変えずに運動をプラスして痩せようとする』・・・と書いてありました。著者いわく、「ほとんどの人は運動だけのダイエットでは結果を出せていない」ということ。ダイエットを運動だけでなんとかしようとするのは、はっきり言って無謀であり非効率だと。
                 
あちゃーっと思いました。私も運動だけで体重を戻そうとしていたから。
                  
普段の週末はレッスンがないから昼からビールを飲んだり、だらだら食べたり、外食をしたり、ジャンキーなお菓子や甘いものや炭水化物の多い食事に偏っていましたから増えるのは当然なのです。それはわかってました。でも、レッスンを始めると元に戻るので ゛動けばもとに戻せる “ のだと思い込んでいたことに気づかされたのです。
                 

よくよく考えればレッスン日は食事をしたすぐあとだと消化に悪いので食後2時間あけて動くようにしていますから、必然的に間食しなくなります。そして夜のレッスンが終わった後は8時過ぎているので、10時に就寝の私は胃の負担を減らすため少ししか食べないようにしています。

 

そうです、レッスン中は食事が週末とは違ったのです!食生活を変えずに体重が戻っているわけではなかったことに今更ながら気が付いたのでした。(;^_^A

 

休業中の前半は毎日が週末状態で心も体もやさぐれてました・・・そりゃ太ります。

 

それに運動で減らせるカロリーってそんなに多くないんですよ。

 

だから、すごく運動しているアスリートでも太っている人いますし、運動して痩せるならお相撲さんは・・・?って気づくはずなんですよね。お相撲さんがちゃんこを沢山食べているのは、運動すると痩せちゃうからなんだな〜と思ってませんか?私もそう思っていたんですけれど、体を大きくするために食べているんだと思います。

 

人間は物事を自分の都合の良いようにとらえる生き物なのです。

 

ダイエットに失敗している人は食との向き合い方を変えていくことが必要なんです。今まで色んなダイエットに挑戦しては失敗してきているんです。一時的に食事を制限するような極端なダイエット法に挑戦して続かず挫折したり、成功しても辞めたらリバウンドしてしまう。そして食べることが大好きだから、食事を変えずに運動で痩せようとしてしまう。

 

最近は筋トレがブームですから成功している人の体を見て、あこがれるのはわかります。私も否定はしません。でも筋トレで良い体を維持している人の多くはとても食事に気を使っていますので、そこもちゃんと理解する必要があります。

 

24時間すぐに食べたいものが手に入る時代なので、食べたいものを食べたいだけ食べて痩せるなんて無理なんだと認めることなんですよね。大食いタレントじゃあるまいし、食べたら食べた分増えるのが普通なんです。
                  
そこで食生活を見直しました。夜は少なめにし、なるべく間食をせず、アルコールは夜6時以降1杯だけにするようにして、レッスン日と変わらない食事になるよう心掛け運動も続けてましたが、すぐに効果は表れず・・・。50代になれば基礎代謝が落ちてますから、結果はすぐには出ません。それでも休業要請が解除されることがはっきりしてから緊張感が出たのか、効果が出始めたのか、そこからやっと今日までに1キロ減りました。
                  
 増えるのは簡単ですが、痩せるのはホント難しいですね〜

 

24時間、好きなものが手に入る飽食の時代になったのはつい最近のこと。私たちの遺伝子には飢餓になった時のために蓄えようとする働きがまだ「ON」になっているのだと思います。

 

理論上は「摂取カロリーを減らして、消費を増やせば痩せる」のです。

 

ダイエットは足し算ではなく引き算だそうです。

 

ダイエットって体重を減らすという意味ではなく、英語では食生活という意味なんです。いつの間にか体重が減ることがダイエットという意味になっていますけれど、本来の意味に立ち返る必要があると思います。

 

そして、思うのは体重に一喜一憂せず、見た目体重が減ればそれでいいと思います。

私は1キロまだ戻せてないですけれど、サイズ的にはもとに戻ったと感じています。エクササイズの効果が少しずつ出てきて、ウエストのサイズは戻ったようですし、背中の脂肪も減ってきました。動かせば脂肪は筋肉に代わっていくのです。

 

コロナ太りを解消しようとして運動を始めた方はかなりの数いると思いますが、思うように痩せない人は食生活を見直してみる必要があると思います。だからといって極端な食事制限はダメです。そして運動は週2回ぐらいで十分なんだそうですよ。私は毎日やらないと続けられない性格なので短時間のものを日替わりでやって体が慣れないようにしていますが。

 

それに痩せたとしてもコロナが終息したとしても続けていかないとダメです。だから、短期的なものではなく、これから一生続けていける自分に合った方法を見つけて実践することが大切です。

 

休業し金銭面でもメンタル面でもまだ不安が残りますが、日常が戻ったときに「あの休業期間があったことで成長できた!」と思えるように、今後も続けていきます。

 

あともう少し・・・?

緊急事態宣言が解除されましたね。

 

でも、ヨガスタジオなどは北海道ではまだ休業要請の対象なのです。

 

私のサロンは5月末までレッスンをお休みにしているのですが・・・

 

果たして6月から再開できるのでしょうか?

 

今週末までには道から発表があるらしいのですが、延長になったら・・・どうしましょう?

 

要請だから、別に無視したっていいのだけれど、今の世の中の風潮ではもし万が一感染者が出たり私が感染者になったとしたら、どんなことを言われるのか考えただけで怖くなります。ネットで色んなことを噂されて今後レッスンできなくなるかも?とか考えてしまいます。休業要請が延長されたら無理せずに従うしかないかな?って思っています。

 

他の仕事をするっていっても、今の状況では大変ですし、何よりヨガ以外の仕事をする気力がない・・・

なんとか貯金を崩さずに生活していけるように節約節約でがんばろうと思っています。(;^_^A

 

自粛生活はインドア派なので意外にストレスはないとは思っていたのですが、インドア派といっても、洋服や雑貨を見るのは好きなので、札幌の街をブラブラできないのはストレスですし、友達と会って話せないことやカラオケに行けないことはそれなりにストレスですね・・・。カラオケなんて一人カラオケはOKだと思うんですけど?

 

この間youtubeで鴨川シーワールドのシャチのショーを見ていて、今この子たちは無観客で練習しているんだろうな〜って思ってみていたら何故か泣けちゃいました。

 

動物園とか水族館とか子供がいないとなかなか行く機会がなくってしばらく行ってないのですが、コロナが終息したらいける限り出かけてお金を落とそうと思いました。

 

4月17日からお休みしているので・・・もう1か月以上休んでいます。

 

この休業期間に何かを成し遂げたかったのですが、やっぱり無理っぽいです(悲)

 

だけど、ふと思いました。

 

この期間だけ何かをやるのではなくて、これを機に始められたらそれでいいんじゃないかと。

 

この期間に私がしたことはyoutubeで英会話の勉強をしたり、色鉛筆画を描いたりもしてますし、前回のブログで書きましたがエクササイズの動画を作成しました。

 

それに、有酸素運動は今まで意識していなかったのですが、自粛中で消費カロリーが減ったために体にうっすら脂肪がついてきたことを自覚してから、1か月ぐらい前からですが動画で「HIIT」という運動をしています。運動した後も24時間脂肪が燃焼続けるという魔法の運動だそうです。(本当かどうかはわかりませんが)

 

体重は2キロ増えたままでまだ変わらないのですが(;'∀')・・・最近になって少しだけ体が引き締まってきたように感じます。

 

それにダイエットってある期間だけするものではなくて、ずっと続けなくてはいけないし、続けられるものをするべきだと思ってます。だから、今やっている有酸素運動もこれを機にずっと続けていこうと思っています。

 

夫以外の人と接触しない生活を1か月以上続けただけでも偉い!と思うことにしました。

 

それにしてもレッスンすることで適度な緊張感が私の体にどれだけ影響していたのかを本当に実感しています。

 

早く・・・レッスンしたいなぁ・・・

 

5月末で休業要請が解除されますように・・・

 

 

 

※アッシュはこのポーズが可愛いことを自覚しているに違いない・・・

 

 

 

気持ちが前向きになるには

 

いやはや・・・新型コロナって本当にやっかいなウイルスですね・・・

 

レッスンも休み、17日からの自粛生活ももうすぐ1か月近くたつのですが、最初はあれもやろうこれもやろうと意気込んでいたものの、気が乗らずにまったく手をつけられず、自己嫌悪に陥ったり、まったく減る傾向のない感染者数に落ちこんだり。

好きな映画すら、この3週間で観たのは1本のみ・・・。

 

自分自身が感染したくないので、買い物も極力減らし自粛生活をしていますので、運動不足を解消するために毎日1時間近くは有酸素運動の動画をやっているのにここずっと体重は2キロ増のまま横並び・・・

 

ちょっとやけ気味になりそうな所をなんとか辛抱している状態なのですが

 

結局・・・GWは終わってしまいました。

 

オンラインでレッスンを開催する人が多い中、私がオンラインでレッスンするためには新たに機材をそろえなくてはならず、ざっと計算してみても10万近くはかかりそう。今の状況でこれ以上の出費は避けたいし、6月からレッスンが再開できるなら機材は必要ないし、私に出来ることはあるだろうか?と考えていました。

 

ふと・・・私が普段レッスンで教えている独自のメソッド(寄せ集めだけど)を動画にして生徒さんに見てもらうというのはどうだろう?と思いつき、数年前のデジカメを引っ張りだして動画を撮影しました。

 

恥ずかしいけれど、見るのは生徒さんだけだし、なんとか形になりました。

 

ヨガの動画はネットで沢山出てるので、この機会に色んなヨガに触れてもらえばいいけれど、私独自のメソッドに関しては、生徒さんの記憶でやってもらうしかなかったのですが、そうするとなかなかやらないんですよね〜。私のガイドがあればやりやすいだろうし、今後も自宅で行ってもらう時のためにも良さそうだし、そう決めた途端、急に目の前が明るくなりました。

 

追加のお金もいらないし、私の身ひとつで出来ることです。

そして私自身が楽しんで出来ること。

 

もう少し早く気づけばよかったけど・・・ま、気づいただけ良しとしましょう!

 

気持ちが前向きになるためには具体的な目標が必要だということに気づきました。

 

ぼんやりと「出来たらいいな〜」とか「やりたいな〜」ということは時間があってもやらないんですよね。

というか、それって本当にやりたいことじゃないのかも?

 

楽しんで出来ることで具体的な目標を立てる。そしてそれを実行する。

 

2キロ増量中の私ですが、動画を作成すると決めた途端、緊張感で痩せてきそうです?

 

これから生徒さんにお届けするぞ〜!

 

※舌をしまい忘れているシャモン

 

 

ウイルスよりも人間が一番怖い?

 

コロナの報道を見ていると

 

一番怖いのはウイルスではなく人間だな・・・と思ってしまいます。

 

まるで犯人捜しのように新型コロナの感染者を扱うような報道だったり

 

コロナウイルスをばらまいてやるというような人がいたり・・・

 

もちろん、感染者数がどんどん増えるのはよくないとは思いますが

 

国民全員一斉検査でもして陽性の人は家から2週間出ないようにしたとしても、陰性であっても陽性の可能性があるし、一度完治したのにまた再燃する可能性もあるのだから、全員検査をしたとしても、もうどうしようもない状況だと思うのです。

 

 

でも、ワクチンや有効な薬ができるまで、ずっとこの状態が続いたら、経済は破綻してしまいます。

 

・・・というか人の心が破綻していきそうで怖いです。

 

盗みや殺人や暴行がそこらじゅうで起こってしまいそう。

 

目に見えないウイルスも怖いけれど、人間が一番怖い・・・そう思います。

 

 

多くのヨガスタジオが休業していますが、私が営業することを選んだのは・・・

 

感染者がゼロになる日はいつになるのか、自粛ムードはいつまでになるのか、まったくわからないのならば、いま私がレッスンを控えることに意味はないと思いました。

 

というのも、私のレッスンはもともと少人数で予約制ですから、どんな生徒さんが来るか来ないか把握できています。

 

不特定多数の人が来るスポーツクラブや大手のヨガスタジオとは違うので出来ることです。

 

それでも感染者が出ないとは限らないし、私が感染者になるリスクももちろん考えた上のことです。生徒さんは重症化しなくてもご家族が重症化して発覚し、濃厚接触者として私のサロンが検査されることもあるでしょう。

 

だから買い物も短時間で近場で済ませ、レッスン以外での人との接触は避けています。それでも私はすでに感染してるかもしれません。

 

もしそうなってしまったら、それはそれで仕方がないという覚悟の上です。

 

それよりも、自分や生徒さんの生活リズムが崩れて体調を崩してしまうほうが余計に感染リスクが高くなってしまうと思ったのです。せめて私のヨガに通っている生徒さんだけでも平穏な時間を過ごす場所を提供してあげたい。

 

もちろん職場からの要請だったり、家族のことを考えてレッスンを自粛する方は多いです。

 

このまま続けば生活は苦しくなると思いますが、自分が病気でレッスンできない状況よりは良いのだと思うことにしています。

 

私にできることを出来る範囲でやるだけです。

 

 

早くワクチンや薬が開発され、日常が戻りますように・・・