医者の不養生・・・?

2013.08.07 Wednesday

0

    お恥ずかしい話・・・先週の木曜日の朝、自分のためのヨガをしていて、最後にスキのポーズでもしようかと、腰を持ち上げた瞬間「グキ」となりまして・・・軽いぎっくりになりました(涙)

    たぶん、お腹の力を入れずに腰を持ち上げようとして、一箇所に負荷がかかってしまったのだと。連日の蒸し暑さで身体がだらけていたというのも原因のひとつかもしれませんが、タイムマシンがあったら・・・教えたい、気を抜くな!と。

    その日の午前、夜のレッスンはなんとか普通に出来ましたが、午前中はしゃがんだり、起き上がったりするときに鈍い痛みが仙骨の辺りにあって、ちょっと辛かったです。今はほとんど痛くないのですが、まだかがむと違和感があります。

    ヨガの指導者でも、毎日ヨガをしていても、一瞬の油断でおこるときにはおこるんですよね・・・ほんとに。

    でも、腰が痛いとやりにくいポーズが身をもって再確認できて、今後のレッスン組み立てに役立ちそうです。なーんて、転んでもただじゃ起きないという貧乏根性(笑)ちなみに、一番効いたのは、体育座りでかかとを出来るだけお尻に近づけ、膝と頭を出来るだけ近づけて1分から2分キープするというもの。最初はかなりつらかったのですが、何度もこの姿勢をとっているうちに、みるみる症状が軽くなりました。

    「ぎっくり」とか「四十肩」とか「捻挫」とか色々と痛みを抱えながら生活しなければならないときもありますが、身体が堅いとかポーズが出来ないとか、そんなことよりも痛くて普通に動作が出来ないというストレスのほうが辛いです。

    だから、身体がかたいとかポーズが出来ないとかなんて全然いいのだ!と心から思えます。身体が柔らかくたって、ポーズが綺麗に出来たからといって「健康」だとは限らない。身体が堅くたって、ポーズが出来なくたって、そんな自分を受け容れて、そして諦めないで出来ることをやり続けていけばいい。たまに、失敗したって、失敗から学べばいいんです。

    失敗は成功のもと。と自分に言い聞かせております。




    コメント
    あちゃ〜、やってしまったのね>_<
    ギックリは高校生の頃から繰り返してるから、もう立ったままでも回復させる技を身につけたよ、笑。

    夏は緩んでてお腹に力が入りづらいから痛め易いのかもしれないなー。でも痛めて気づくことってたくさんあるよね。お大事にね&#8252;

    • by mari
    • 2013/08/08 10:13 AM
    ★mariさん

    そうなの、初ギックリでした(苦笑)
    でも、今朝はほとんど痛みが消えて一安心。
    まだまだ蒸し暑い日が続くから、今後も同じ過ちをしないように気をつけるよ!

    それにしても立ったままで回復させる技、今度教えてね(笑)
    • by みか
    • 2013/08/08 3:05 PM
    コメントする