Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
ホネナビ 1日3分で医者いらずの体になる: たった3分の「ホネナビ体操」で疲れない・ケガしない・寝たきりにならない
ホネナビ 1日3分で医者いらずの体になる: たった3分の「ホネナビ体操」で疲れない・ケガしない・寝たきりにならない (JUGEMレビュー »)
長谷川智
こういうのを求めていました!ヨガのポーズではすべての関節を動かせないし、間違った方法で使ってしまうことも多く、どうにか簡単で毎日続けられるものはないかと思っていました。やってみると、身体が軽くなり、全身のつながりが意識できるようになると思います。短時間で効果的な体操です!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
脳って不思議
脳・・・前から興味はありましたが、ヨガを始めてから特に気になるようになり、そういうテレビ番組なんか好きでよく観ます。

この間は、ディスカバリーチャンネルで放送されていた「脳トリック」という番組を観て、本当に人間が観ている世界って不確かなものなんだと、実感させられました。

私たちは目で観た二次元の映像を脳で立体化しているんですね〜。今目の前にある風景は脳が想像しているもので実際とは違っていることもあるなんて、想像できますか?よくヨガ関係の文献で今観ている世界は幻だということを読んだりしていたのですが、きっと、昔の人は医学や科学の知識がなくても、そういうことをわかっていたんだと思います。




 
例えば、実際のお面が反対に凹んでいたとしても、正面から観てると目はくぼみ、鼻は出ていると勝手に想像して処理してしまう。反対側に凹んでいると気付いた後でも、正面から観ると同じように見えてしまうから不思議。だから心霊写真の多くも脳が作りだしているのかもしれませんよね。

私たちはある程度、曖昧で不安な部分は切り捨てて、必要な情報だけ選んで生活しているんだそう。番組の中で脳は自信過剰なのだと取り上げていました。私は自信過剰じゃなくって、反対に自信がないのでは?と思っていたのですが、実験を観て驚きました。例えばですが・・・「自転車をかけますか?」と聞かれて、全員が書けると自信満々だったのに、正確に走らせることが出来る自転車をかけた人はほとんどいませんでした。私もかけると思って書いてみたところ、全然ダメでした。絵には自信があるほうなので自転車をきちんと描けなかったことに自分でも驚きました。

多くの人が自転車の仕組みを知らないのに、自転車を描けると自信を持っているのです。自分が思っているよりも物事を知らないということを知らないのです。知らないと不安になるので、そのことに気づかないようにしているんですよね。

「自分は秀才でもないし、無知だということを知っている」と思っていたのですが、この番組を観て、自分も自信過剰だと認識しました。難しいことを知っているから、高学歴だから、無知じゃないということではなく、自分が何を知り、そして何を知らないかをちゃんとわかっているかどうか、ということなのだと思うのです。子供の頃って知らないことは知らないと知っていたし、素直に聞く事も出来ましたよね。けれど大人になるにしたがって「こういうことを聞いても答えはないんだな」とか「大人も知らないんだな」「知らなくても平気なんだ」と、うやむやなままにしてそれが当たり前だと思うようになっていったと思うのです。

多くの人はテレビがどうして見えるのか、携帯電話でなぜ話せるのか、ラジオがなぜ聞けるのか、知りません。知らないけれど使っているから知ってる気になっている人もいるし、知らないことを別に何とも思っていないという人もいるでしょう。仕組みを知らずに使うことに対して何の疑問も感じていないんです。もちろん、私も、パソコンの仕組みをちゃんと知らないのに・・・今使っていますが(笑)

多くの物事を知っているとか常識を知らないということは別にいいと思うんです。もちろん、すべての機械の構造とか仕組みを理解する必要なんてないのです。ただ、自転車をかけますか?といわれて、自分がちゃんと仕組みを知っていないことを知っていれば「あいまいにしか描けません」といえるはずなのです。

知らないことはダメなこと・・・だと思っているから、そのことを隠して、知ったかぶりしているんです。そしてそのことに気づかないように生きてる。知ったように感じて多くの物事を判断して生きている。私も今まで知ったかぶりで沢山の物事を判断してきたなぁ〜って思います。

ヨガを始めてから、自分が観ている世界が本当に正しいのかなんてわからないと思うようになりましたが、ここまで脳自体があいまいだとは思いもしませんでした。だからといってすべてが幻想だから、自分は適当に好き勝手生きてもいいのだ・・・なんて思うのではなく、幻だからこそ、この瞬間を大切にしなければいけないのだと思っています。

今正しいと認識していることが間違っているかもしれないと知っていれば、自分が信じていたことが覆されても、そのことを受け容れることが出来るし、誰が正しいとか間違っているかなんて、無駄なことに時間を割かなくなるし、新しい世界も楽しむことが出来ると思うのです。

脳の曖昧さを知り、情報の不確かさを知り、諸行無常を知り、見えることだけじゃなくて、感じることにもっと意識を向ける必要があると考えさせられました。
 
posted by: みか | その他 | 17:28 | comments(2) | - | - | - |
最近みかちゃん、脳の話ししてないな〜って思ってたよ。

小学生の学芸会でソクラテスの劇をやった時(シブいよなぁ(^^;;)誰の役をやったのかわかんないけど「自分が知らないということを知っている」っていうセリフ言ったのを未だに覚えてる。それって相当重要だよね。世の中わからないことだらけだぁ。
| mari | 2013/11/15 12:54 AM |
★mariさん

え、小学校でソクラテス???し、しぶいね(笑)いまだに覚えてるってのもスゴイと思う!私なんて全然覚えてない・・・。

世の中をわからなくしてるのは人間の脳なのかもね〜。猫とか観てると、幸せそうだな〜って思うもん。
| みか | 2013/11/15 8:08 AM |