刺激が欲しいだけ?

2019.03.06 Wednesday

0

     

    昨年、通販で服を買わないと決め、今年もまだそのことを抱負として守ろうとしているのですが・・・

     

    最近、気に入った服が沢山ネットで見つかり、ポチっとしたくてうずうずしていたものの

    なんとかギリギリ感情を抑えてまだ購入するに至っておりませんが

    いまにも破ってしまいそう・・・

     

    ま、別に自分のお金だし、誰にも迷惑かけるわけでもないですし

    欲しいなら買えばいいんですけど 笑

     

    でも、自分で決めたことを簡単にやぶってしまうのは

    なんか自分に負けてしまったみたいで嫌で

    あれだけ失敗したのにまた欲しいと思ってしまうこの気持ちなんだろう?

    どうしたら良いのだろう?と

    色々とネットを徘徊しておりましたところ

     

    ある興味深い記事を見つけて合点がいきました。

     

    それはネズミの実験の記事でした。

     

    ネズミをそれぞれ

     

    A:レバーを押すと毎回必ずエサが出てくる

     

    B:レバーを押すと不定期にエサが出てくる

     

    という箱に入れて、ある程度繰り返した後、どちらもエサを出さなくする。

     

    ・・・と、Aのほうのネズミはすぐに諦めるのだけれど、Bはずっとレバーを押し続けてしまうのだそう。

     

    これって・・・人間が賭け事にハマってしまう行動心理だと思いました!

    たまに出た記憶があるから、次は出るかもしれない・・・と思ってやめられなくなってしまう。

    負けた分を取り戻せると思ってハマってしまう。

     

    私もお恥ずかしいですが、かつてパチンコにはまった時期がありまして。

    それはヨガと出会うずっと前のことですけれど。

     

    諦めて他の台に移ったあとでその台がフィーバーしているのを見て「ああ、もうちょっと粘ってれば・・・」という口惜しい経験をしてしまうと、全然でない台を離れられなくなってしまうし、大フィーバーして大儲けした経験があれば有るほど負けた分を取り返そうとやめられなくなる。

     

    一度快感を得た経験があると、それを期待してしまうのでしょう。

    そして、もっと強い刺激を求めてしまう。

     

    私が何故、失敗してしまう可能性があるのに通販で服を買ってしまうのか・・・

     

    たまに自分が想像したよりも自分に似合っている服に出会えることがあるから、なのだと気付きました。

     

    そして安い服であれば更に御買い得感というか「得した!」という刺激もプラスになり、それを期待してポチっとしてしまうのだと気付きました。

     

    だから、街で試着してまあまあ似合ったぐらいでは買わないのに・・・

    通販では素材もどうなのか、自分に似合うかどうかもわからないのに買ってしまうのです。

     

    博打の要素があるから、通販で買う行為が魅力的に感じるんですね。

    だから商品が届いてしまうと、途端に次の洋服を探し始めてしまう。

     

    刺激を求めているとは知らずに服が必要なのだと思い込み買ってしまっていたんです。

     

    心の奥底では服は試着して似合うものを買うべきだとわかっているし、今ある服のコーディネイトを考えるのだって結構いろんなパターンを作れるはずだとわかっているのに、刺激を求めていただけなのだから、通販で買いたくなってしまっていたんですよね。

     

    でもネットでしか買えない商品というのもあり、それはそれでその服が必要だと思うならば買うこともありかな?と思っています。

     

    買う前に刺激が欲しいだけじゃないのか、ちゃんと自問自答して決めたいと思います。

     

     

     

    コメント
    コメントする