悩みや悲しみがあるときには

2020年も始まってしまいました・・・

 

一番最初のテーマは悩みと悲しみについてです。

 

悩みがない人なんてこの世にいないですよね。

何かを失ってそのことで悲しんだり傷ついたりしたことがない人もいないと思います。

 

例えば仕事で悩んでいるとしたら・・・

 

「仕事ができているから悩むんだ」と思うことにしています。

 

古代ペルシャの

 

「足のない人を見るまで、私は靴がないことを嘆いていました」

 

という、ことわざをある時知り、それから時々このことわざを思い出すのです。

 

仕事自体がなくて無職だったら、そういう悩みではなくお金のことだったり、将来への不安だったり別の悩みが生じるわけで、仕事をしていなかったら今の悩みはないわけです。無職のときよりは一段上の悩みだと思いませんか?

 

そうすると、なんだか悩めていること自体が幸せなことなように思えて、少し楽になります。

 

 

もしくは子供のことなどで悩んでいたら「子供がいるから悩めているんだな」って思ってみてください。

 

私なんて子供がいませんから、子供のことで悩もうにも悩めません・・・

 

つい最近、「子供がいない人にはわからない」とある人に言われてショックでした。

もちろん子供がいる親の気持ちはわからないけれど、子供側の気持ちはわかるのでそういう子供サイドの意見を述べたのですが、私の意見はまったく聞く価値がないという風に思っているんだと感じて心のシャッターを下ろしてしまいました。

 

私はたとえ同じ境遇であっても共感できるところとそうではないところがあると思うので、環境が違う相手から何か意見を言われたとしてもそういう考え方があると思って受け止めるだけで否定しなくていいと思っています。つい否定したくなっちゃいますけれど・・・

 

私だって子供がいたらそう思っていたかもしれません。

結婚して子供がいるのが当たり前の大人だと信じこまされていた時にはそうじゃない人は欠陥のある人だと思っていたし、そういう人に意見を言われたら「あんたに言われたくない」ときっと思っていたと思います。

振り返ってみると私の言い方も悪かったんだろうなって思いますしね。

ま、お酒の席でしたし・・・(;^_^A

 

話がそれましたが・・・だから子供がいない人には悩めない悩みだと思えば少し受け止め方も変わりませんか?

 

何かを失って悲しいときも同じです。

失恋したとしたら、恋愛することができたから悲しいんだと思えば少し前向きになれるだろうし、誰か愛する人やペットが亡くなったとしても、出会えたこと、一緒に過ごした時間があったから悲しいのだと思えば、前を向く勇気が出てくると思うのです。

 

そして最終的に私は「自分が成長するために必要だから起きたのだ」とも思うようにしています。

 

そう思っただけで問題が解消したことが何回もあります。

 

考えを変えるだけではなく、何か行動に起こさなければいけないときには同じ状況が何度も起きてそのことに気づかせてくれます。

 

誰かのせいにしたり、何かのせいにして何も行動を起こさないことは楽だけれど、それでは成長できません。

 

この世に生まれてきた人はみな、なんらかの課題を自分で選んで生まれてきたという考えがありますよね。

 

私はスピリチュアルな考えを100%信じてはいないけれど、そう考えたほうが楽に生きられるからこの点においては否定する気持ちにはなれません。(ただ、お布施を沢山すれば幸せになれるとか、何か物を買ったり売ったりすることで幸せになれるという場合には全面的に否定しますけれど)

 

例えば生まれつき何かの障害を持っている人や貧乏に生まれた人や家族に問題がある人など、不公平だと思うことについては、自分が選んだ課題だと思えばそれを受け入れてそしてどう生きていくべきなのか考えることができるという点においては、いい考え方だと思っています。

 

だから、自分と比べて人を羨んだこともありますし、時々そう思ってしまうことも否定しませんが、自分の人生について不満があれば自分で改善すればいいだけのことですから、羨んでしまった時にはどうすれば自分が自分を誇れる自分になれるのか考えるいい機会だと思っています。

 

 

長くなりましたが・・・

 

まとめますと

 

何か悩みごとがある時や悲しい時にはまずはその置かれた状況に感謝してみる。

悩めるって実はとても贅沢なことなのかもしれないと思ってみる。

それでも気持ちが切り替えられないときは自分が自分に与えた課題について考えてみる。

 

それでも解決できそうにないときには環境を変えてみる必要があるのかもしれません。

 

離婚かもしれないし、転職かもしれないし、引っ越しかもしれません。

日本以外のどこか海外に移住するべきなのかもしれません。

 

最後に大切なことは悩みが自分の悩みなのかどうかということ。

 

人の悩みを自分のことのようにとらえて悩んでいるということが結構あります。

 

なんとかしてあげたい・・・それって本当にやさしさなのでしょうか?

その人自身が経験するチャンスをつぶしてしまうことだってあると思います。

なんとしかしてあげたいのは自己承認欲求からくるものかもしれません。

 

どうするべきなのかは、本人が決めるしかありません。

人の課題を代わってこなすことはできないんです。

たとえ代わって一度はクリアしたとしても、本人がクリアしない限り何度も起きるのです。

 

今の悩みは自分の悩みですか?

 

それをしっかり考えたうえで自分の問題ならば考える必要があるけれど、他人の課題のときはその人が失敗したことで自分の価値が下がることを恐れていないかな?とか、自分が楽したいから相手にうまくいってほしいと思っていないかな?とか、その人の問題を自分のことのように一緒に悩んであげてる自分が好きなだけかもしれないのです。

 

冷たい人だと思われるかもしれないけれど・・・私は人の問題は基本的に「好きにやってみればいい」と思っています。

 

失敗したとしても、それはその人の成長に必要なのかもしれませんから。

 

ふと気づきましたが、人が失敗したとき、嫌いな人の場合はザマーミロと思ってしまいますが、好きな人だと「かわいそう」だと思ってしまいますよね?

 

でも、好きな人が失敗したときには「かわいそう」と思うのではなく、「いい経験したね」と寄り添ってあげることが必要だったんだと思うのです。失敗イコール汚点だという考えがあるから、苦手な人嫌いな人が失敗することを喜んだり自分が失敗しないように失敗しないように気を張ってしまいますが、そうではなく、失敗を経験だと考えられるようになれば、失敗を恐れずにどんどん動いて成長できるし、失敗した人を許せるし、認められるようになると思います。

 

 

100歳まで生きられるとしたらあと50年もあります。

これからの人生をどう生きるべきなのか、最近よく考えるようになりました・・・

失敗を喜べる、いくつになっても成長できる年の取り方をしたいなって思います。

 

2020年はどんな成長ができるのか楽しみです。

 

※舌をしまい忘れているアッシュ

コメント