検診の日

 

月曜日は3か月ごとの検診の日でした。

 

コロナの感染者が入院している病院でもあるせいか、入り口に数人スタッフが立っていて、首にあてて測る機械で体温を測って記入された紙を渡されます。その紙を受け付けに一緒に出すのです。

 

入院している人には原則面会禁止になっているようです。

 

私のようなインストラクターも仕事が減ったり、まったくなかったりと大変ですが、医療関係者の人たちも違う意味で大変だなって思います。

 

先週、私の住む街でも感染者が一人でて、一時は騒然としたのですが・・・

そのあと濃厚接触者の検査が進んでいるとは思うものの、まだ次の感染者が出ていなくて正直ほっとしています。

 

感染者の濃厚接触者になるか、重症化しない限りは検査をされない現状では、よほどのことがない限り大丈夫だと思っているのですが・・・

 

血液検査のデータでは前回落ち着いていた白血球のある数値が倍以上増えていました・・・

調べてみたらアレルギー反応が出ると数値が上がるらしいのですが、3週間ぐらい前に鼻かぜを引いたと思っていたあれは花粉症だったのかも?

 

まあ、先生は問題ないと言っていたので大丈夫な範囲みたいですけれど。

 

先生から視神経脊髄炎の人がコロナにかかるとどういう状態になるのか具体的な話はまだわからないので、感染症にかかるリスクを健康な人の一段階上げて過ごすようにしてくださいと言われてちょっとドキっとしてしまいました。

 

そう、私は病気なのでした・・・

 

ステロイドを服用していると免疫力が下がるので、感染症にかかりやすくなるのです。

 

感染症にかかるとそのあと再発している人が多いので、最初の頃先生に気を付けてくださいと言われていたのですが・・・15年ぐらい風邪も鼻かぜか咳が出る程度だしインフルエンザにも生まれてから罹った記憶がないので、すっかり忘れていたのでした。

 

神経質にならない程度にもう少し気を付けていこうと思います。

 

そして、とてもショックなことがありました。

 

私がヨガを学んだヨガスタジオが3月末で終了してしまうのです・・・

そして3月末まで営業を休止しているので、もう行くことは出来ないのです。

 

街中にあるので家賃も高いでしょうし、外部のレッスンに指導員を多く派遣していますが、多くの講座が3月中お休みだし、4月以降もどうなるか今の時点ではわからない・・・そういうことを踏まえて、よくよく考えての結論ではあると思いますが、本当に本当に残念でなりません。

 

月に1度ぐらいですが、自分のヨガの時間のために15年通っていました。

急に梯子を外されたような気持ち・・・

 

コロナウイルスがもたらした影響はこれから先も色んな所に波及していくのだと思います。

経済だけではなく人の心にも・・・

 

でも、あまり悲しいことばかり考えず、これからは新たなスタートだと思って乗り切ろうと思います。

 

 

最後にこの格言を紹介します。

 

「 もしも この世が 喜びばかりなら 

 人は決して 勇気と忍耐を学ばないでしょう 」 by ヘレン・ケラー

 

 

 

 

 

 

 

コメント