食生活を変えない限り痩せないのです

やっと約1か月半の休業が終わり、2日からレッスンを再開しました〜 (^^)/

 

休業期間中に体重が2キロ増えて、あれからもずっと戻らず・・・。運動をしているおかげなのか太りはしないけれど、全然減りません。あれからもyoutubeでやたらに目に付く「地獄の・・・」とか「1日10分で痩せる」とか「HIIT」以外にも話題のエクササイズ動画を色々やってみました。


なんで体重が落ちないんだろう?と不思議でした。レッスンをしているときは週末にいつも2キロぐらい増えて、レッスンを始めるとするするっと1キロは減ってそれから週末にかけて徐々に元に戻っていたからです。
 
それで「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割」という本を読んでみました。その著者のyoutubeを時々見ていて参考にしていたので、運動指導している人が「運動は1割」・・・って?と興味がわいたからです。

 

そこには『痩せない人は今の食生活を変えずに運動をプラスして痩せようとする』・・・と書いてありました。著者いわく、「ほとんどの人は運動だけのダイエットでは結果を出せていない」ということ。ダイエットを運動だけでなんとかしようとするのは、はっきり言って無謀であり非効率だと。
                 
あちゃーっと思いました。私も運動だけで体重を戻そうとしていたから。
                  
普段の週末はレッスンがないから昼からビールを飲んだり、だらだら食べたり、外食をしたり、ジャンキーなお菓子や甘いものや炭水化物の多い食事に偏っていましたから増えるのは当然なのです。それはわかってました。でも、レッスンを始めると元に戻るので ゛動けばもとに戻せる “ のだと思い込んでいたことに気づかされたのです。
                 

よくよく考えればレッスン日は食事をしたすぐあとだと消化に悪いので食後2時間あけて動くようにしていますから、必然的に間食しなくなります。そして夜のレッスンが終わった後は8時過ぎているので、10時に就寝の私は胃の負担を減らすため少ししか食べないようにしています。

 

そうです、レッスン中は食事が週末とは違ったのです!食生活を変えずに体重が戻っているわけではなかったことに今更ながら気が付いたのでした。(;^_^A

 

休業中の前半は毎日が週末状態で心も体もやさぐれてました・・・そりゃ太ります。

 

それに運動で減らせるカロリーってそんなに多くないんですよ。

 

だから、すごく運動しているアスリートでも太っている人いますし、運動して痩せるならお相撲さんは・・・?って気づくはずなんですよね。お相撲さんがちゃんこを沢山食べているのは、運動すると痩せちゃうからなんだな〜と思ってませんか?私もそう思っていたんですけれど、体を大きくするために食べているんだと思います。

 

人間は物事を自分の都合の良いようにとらえる生き物なのです。

 

ダイエットに失敗している人は食との向き合い方を変えていくことが必要なんです。今まで色んなダイエットに挑戦しては失敗してきているんです。一時的に食事を制限するような極端なダイエット法に挑戦して続かず挫折したり、成功しても辞めたらリバウンドしてしまう。そして食べることが大好きだから、食事を変えずに運動で痩せようとしてしまう。

 

最近は筋トレがブームですから成功している人の体を見て、あこがれるのはわかります。私も否定はしません。でも筋トレで良い体を維持している人の多くはとても食事に気を使っていますので、そこもちゃんと理解する必要があります。

 

24時間すぐに食べたいものが手に入る時代なので、食べたいものを食べたいだけ食べて痩せるなんて無理なんだと認めることなんですよね。大食いタレントじゃあるまいし、食べたら食べた分増えるのが普通なんです。
                  
そこで食生活を見直しました。夜は少なめにし、なるべく間食をせず、アルコールは夜6時以降1杯だけにするようにして、レッスン日と変わらない食事になるよう心掛け運動も続けてましたが、すぐに効果は表れず・・・。50代になれば基礎代謝が落ちてますから、結果はすぐには出ません。それでも休業要請が解除されることがはっきりしてから緊張感が出たのか、効果が出始めたのか、そこからやっと今日までに1キロ減りました。
                  
 増えるのは簡単ですが、痩せるのはホント難しいですね〜

 

24時間、好きなものが手に入る飽食の時代になったのはつい最近のこと。私たちの遺伝子には飢餓になった時のために蓄えようとする働きがまだ「ON」になっているのだと思います。

 

理論上は「摂取カロリーを減らして、消費を増やせば痩せる」のです。

 

ダイエットは足し算ではなく引き算だそうです。

 

ダイエットって体重を減らすという意味ではなく、英語では食生活という意味なんです。いつの間にか体重が減ることがダイエットという意味になっていますけれど、本来の意味に立ち返る必要があると思います。

 

そして、思うのは体重に一喜一憂せず、見た目体重が減ればそれでいいと思います。

私は1キロまだ戻せてないですけれど、サイズ的にはもとに戻ったと感じています。エクササイズの効果が少しずつ出てきて、ウエストのサイズは戻ったようですし、背中の脂肪も減ってきました。動かせば脂肪は筋肉に代わっていくのです。

 

コロナ太りを解消しようとして運動を始めた方はかなりの数いると思いますが、思うように痩せない人は食生活を見直してみる必要があると思います。だからといって極端な食事制限はダメです。そして運動は週2回ぐらいで十分なんだそうですよ。私は毎日やらないと続けられない性格なので短時間のものを日替わりでやって体が慣れないようにしていますが。

 

それに痩せたとしてもコロナが終息したとしても続けていかないとダメです。だから、短期的なものではなく、これから一生続けていける自分に合った方法を見つけて実践することが大切です。

 

休業し金銭面でもメンタル面でもまだ不安が残りますが、日常が戻ったときに「あの休業期間があったことで成長できた!」と思えるように、今後も続けていきます。

 

コメント