Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
ホネナビ 1日3分で医者いらずの体になる: たった3分の「ホネナビ体操」で疲れない・ケガしない・寝たきりにならない
ホネナビ 1日3分で医者いらずの体になる: たった3分の「ホネナビ体操」で疲れない・ケガしない・寝たきりにならない (JUGEMレビュー »)
長谷川智
こういうのを求めていました!ヨガのポーズではすべての関節を動かせないし、間違った方法で使ってしまうことも多く、どうにか簡単で毎日続けられるものはないかと思っていました。やってみると、身体が軽くなり、全身のつながりが意識できるようになると思います。短時間で効果的な体操です!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
トラウマについて

久々に猫以外の話題を。

最近、トラウマについての興味がわいてきて、本を数冊購入してみました。

そのうちの一冊「人生を変えるトラウマ解放エクササイズ」という本を読んでみて、色々と刺激を受けるところがあったので、整理するためにブログ上でまとめてみたいと思います。

トラウマ。。。普段簡単に使ってしまっていたこの言葉。何か嫌なことがあったときに、過去の経験と同じように嫌悪感を感じてしまったときなどに「トラウマなのかな」と思ったり、言葉にしてみたりしてますが、実はちゃんと考えたことがありませんでした。

それに、本当の意味で自分はトラウマなんて持っていないと、思っていました。トラウマを抱える人は弱い人間か繊細すぎるとか、虐待など酷い目にあった人に限ることだと思っていました。

本を読んで感じたことは、誰でもトラウマは経験するし、それは自動的な反応で自分でコントロールできるものではないということでした。どんな体験を辛いと思うかというのは個人の見解でもあり、同じような目にあっても、トラウマにならない人もいます。でも、だからといってトラウマを抱える人が駄目な人だとか弱いという訳ではないのです。ただ、反応の仕方が違っただけなのだと思います。

トラウマ自体は悪いものではありません。そのトラウマを乗り越えたとき、人は成長できるからです。トラウマをずっと抱えたままだと、成長するチャンスを逃してしまうということなのです。

私たちはどこかで基本的に良い人間であれば、悪いことなんで起こらないと思っているところがあると思います。災難にあった人の話を見聞きしても、それは自分にはたぶん起こらないだろうと、心の奥底で思っています。私もこの本を読むまでは、因果応報というか、現世でなくても前世で何か悪いことをしたのかもしれないとか、悪いことが起こる原因はその人がそれを受ける理由があるからなのだと思ってました。

災難を受ける理由があるとしたら、それは過去に自分が行ったことに対する、報いだったりするのではなく、トラウマを受け入れ、乗り越えることで成長するために起こることだということであり、責任がその人にあるかどうかなんて、関係ないことなのだと今は思います。

けれど、多くの場合、心の奥底に「自分が何か悪いことをしたのだ」という思いがあるから、自分を責めて、自己嫌悪に陥り、そしてその現実から逃げようとしてしまい、処理しきれないトラウマを抱えたまま生きてしまうこともあるのだと思います。そして何も悪いことが思い当たらない人は、今後何を信じればいいのかわからなくなって不安になります。

トラウマを受け入れ乗り越えるということは、過去を許すということでもあります。本の中に書いてあった「許しとは、相手の責任を追及しないということではなく、自分の成長を止めていた障害物を手放すこと」という言葉に私はとても共感しました。

自分が悪いとか、誰かが悪いとか、環境が悪いとか、これが駄目とかいいとか、そういう次元ではなくて、そうやって自分の成長を止めている「そういう思い」を手放すことが必要なのだということです。

でも、実際頭ではわかっても、過去を手放すなんて、自分のトラウマなんて、どうやって手放せばいいかわからないですよね。カウンセリングなどでもなかなか難しいと思うのです。本人はなんとなく手放したつもりになっていても、実際は根深いところに残っていたりして、また何かのきっかけでくすぶりはじめたりするものです。薬で一時的に症状を抑えていても、同じだと思います。

その反面、身体は頭と違い嘘をつけません。
だから、身体を使ったボディワークが特に精神的に問題を抱えた人には有効だと近年は受け入れられるようになってきたのだと思います。

身体は人生に起こったことの歴史そのものです。筋肉が緊張しているところには過去のストレスや感情やトラウマが溜め込まれていたりします。その筋肉のしこりを取り去ることで過去を手放し、今という瞬間に戻ることが出来るのです。今という瞬間を生きなければ、人は成長することが出来ません。

ヨガをはじめてから、知らぬ間に考え方、受け止め方が変わっていったのは、筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせていくことで、思い込みや過去を少しずつ手放し、今この瞬間にいる時間が増えていたからなのかもしれないな・・・と思いました。

ヨガを続けていた過程で私自身忘れていた記憶がよみがえって驚いたことも沢山あります。幼いころの兄弟に感じていた嫉妬心だったり、負けたくないという思いだったり、認められたいという思いだったりが、今の自分の性格に影響していることを知ったり、どこかで人はいつか自分から離れていくのだという不安を感じているのは、小さいころは自分を溺愛していた祖父が成長し自分の意見を言うようになった私を無視し、小さい6歳下の妹だけを可愛がるようになったときに感じた気持ちが関係していると気付いたり・・・。

それがもしかすると私のトラウマだったのかもしれないと思いました。もっと酷い目にあったことがある人にとっては取るに足らない問題ではないのかもしれませんが、起こったことの大きさ小ささは関係ないのです。その時に当人がどう感じたかが決めることなのです。その人にとって処理しきれないストレス、不安感、喪失感、虚無感、無力感・・・他の人に比べてたいしたことがないから、そんな感情を持つのは間違いだということで処理できるものではないのです。

私はヨガを続けていたから、そういう自分の感情に気付き、少しずつ解放できてきたのだと思います。以前は祖父のことを考えると憎しみというか嫌悪感がわいてきましたが、今は祖父がいたから、父が生まれたのだし、そして私が生まれたのだから、それだけでいい・・・そう思えるようになりました。

自分が変わることが出来るかどうかは「感情を真正面から、そして深く経験することを受け容れられるかどうか」にかかっています。過去を手放すという行為はある意味、とても苦痛を伴うものです。ありのままを受け容れるということは、出来ない自分を受け容れたり、逃げている自分を認めたり、残酷な感情を持っていることを認めたりしなければならないこともあります。

人は自分の本当の姿と対決したくありません。でも自分自身にしか、内にある辛さ、激痛、狂気を探求することが出来ないのです。自分の成長を妨げている感情を受け入れ、過去を許し、今この瞬間に100%浸りきる。その時に、物事の中心、自分自身の心と他の存在の心が見えてくるようになります。

処理することが出来ない感情やストレスに向き合い「これは現実に起こったことであり、自分の力の及ばない要因によって起こったことだ」と事実に身をゆだね、感情を封印したり誤魔化してきた自分を許し、過去を解放することで、私たちは新たな人生を踏み出すことが出来るようになります。

本にはこう書かれています。「トラウマとは今までの生き方の殻を力ずくで打ち壊し、私たちの本当の存在を暴きだし、すべての物事に全霊で立ち向かわざるを得ないように仕向けるのです。

何が起きても、それは自分の成長のために起こること・・・。ヨガと出会ってから様々な文献に触れたり、実際に実感することがあったりして、自分なりに理解してきたことですが、今回はトラウマという観点からも、理解を深められた気がします。

3.11のとき、実際に被害にあっていない人も津波映像を繰り返し見たことがトラウマとなり、苦しんだ人も沢山います。経験していないことも、トラウマになりうるのです。私はヨガのおかげで落ち込んだ気分から早めに這い上がることが出来ましたが、もしかすると沢山の人がいまだにその時のトラウマを抱えたままかもしれません。

ヨガがトラウマを抱えている人たちの助けになるといいのにな・・・と思います。ただ、ヨガをしていれば自然と自分と向き合えるようになるわけではないので、正しくヨガを使えるように指導していくことが今後の私の課題のように思います。

長い文になりましたが、最後まで読んでくださった方に感謝いたします。

最後に猫の画像で癒されてください 笑






posted by: みか | | 08:04 | comments(4) | - | - | - |
とっても分かりやすい解説だね(^-^)g

こないだ、ある古い感情が頭に浮かんで来たときに膝の上がビリビリとしたの。そういう風に肉体に刻まれてるんだな〜って思ったよ。

トラウマを乗り越えるためには"心の体力"が必要だな〜って思う。だから沖ヨガには生命力強化法があるのかな。

猫達に癒されました☆

| mari | 2012/10/31 9:03 PM |
☆mariさん

いつもコメントありがとうね!
私は首の周りに感情を溜め込んでいるなぁと最近思います。解放できるといいんだけど。

猫たちの寝姿は本当に癒されるよね。遊んでるときは本当にやんちゃが過ぎるから、ちょっと疲れるときもあるけど・・・。
| みか | 2012/11/01 6:54 AM |
ミカさんのブログ、久しぶりにお邪魔したら素敵な投稿。
この表現いいですね。「許しとは、相手の責任を追及しないということではなく、自分の成長を止めていた障害物を手放すこと」

障害物を手放すこと。うん☆まさに!
またヨガ談義したいねーーー
| makiko | 2012/12/14 1:47 PM |
★makikoちゃん

お久しぶり〜!!!
ヨガ談義、したいね!この間はこれからって時に帰ったから、語れなかったもんね。

チェンマイ、いつ行けるかなぁ。再来年ハワイに行こうと計画してて、来年は旅行を我慢するつもりなんだよね。でも、行きたいなぁ。マンゴーチーズケーキ食べたい 笑
| みか | 2012/12/14 2:41 PM |