ポジティブシンキングとは

2018.06.14 Thursday

0

     

    ヨガを始める前から私は比較的ポジティブに考えるほうでした。

    でも、今思い返すと、それは自分に都合の良いように考えるというか・・・思い込みというか。

    そんな考え方だったように思います。

     

    何か悪いことがあったとき「そのうちいいことがあるさ」という前向きな考えだけで、自分の考え方や受け止め方を変えようとするところまでは及ばなかったんです。

     

    「自分は悪くない、運が悪かっただけ」とか、友達に無視されたりして落ち込んでも「そんな友達ならいらない」という感じで、相手が誤ってくれば別ですが、自分からは歩みよることはありませんでした。

    何か悩み事があっても、たいていは寝て起きると「ま、こんなこともあるさ」という感じでリセットするというか、ポジティブというより「楽観的」だったのだと思います。

     

    ヨガをはじめてからは、嫌なことがあったら何か今の自分を良く変えるチャンスだと思うようになったので、今までだったら避けて通ったことをあえてチャレンジしてみたり、他の方法を探すことを試してみたりするようになりました。

     

    その結果、自分が苦手だと思い込んでいたことが実は上手く出来ることだったり、自分もできると思ったことが実は苦手なことだったり、自分がやりたいと思っていたことは人から良く思われるためだけで自分が好きでもないことだった・・・とか。

     

    そういうことにも気付くようになりました。

     

    ヨガの思想に触れるにつれ、哲学などにも興味がわいて、格言的なものに触れる機会が増えたのもあると思います。

     

    ポジティブに考えるということは、失敗や挫折を後で考えた時に「あのことがあったから、今の自分がある」と思えるように経験に変えて生きて行くということだと思います。

     

    今月のトイレとサロンに掲示してある格言は

     

    過ちがないことではなく 過ちを改めることを重んじよ」 吉田松陰

     

    失敗をしたとき、そのことを隠すのではなく、しっかりと自分の失敗と向き合うことが必要なのですよね、松蔭先生。

    何故失敗したのか、自分はどこで間違ったのか、改善するべき点は何かということを逃げずに考えることが大切なんだと思います。

     

    話題になったアメフトの問題なども、過ちを隠そうとしたことでより大きな問題になったと思います。

    過ちを認め、改めるようにしていたら・・・ここまで大きな問題にはならなかったと思うのです。

    加害者の選手はすぐに自分の過ちを認め、改めようとしました。

    もちろん、仕方なかったとはいえ、やったことは悪いことです。

    でも、そのことに気付き、自分の罪と向き合い、勇気を出して会見しました。

     

    失敗しても、その後どうするか・・・で、その後の人生が大きく変わるんです。

     

    正直、誰かのせいにしたり世の中のせいにするのは簡単です。

    だって、理不尽なことは沢山あふれていますから。

    でも、そこをぐっとガマンして、簡単なほうに逃げずに”これは自分の考え方受け止め方を変える良い機会”だと思えるかどうか。

     

    なかなか難しいけれど、そうしない限り本当の意味での成長はありません。

    上手く行っているのはたまたまかもしれないけれど、失敗を経験に変えた結果上手く行っているのは成長だと思うのです。

     

    いくつになっても成長できる人でありたいです。

     

     

     

    女優ミラー

    2018.05.20 Sunday

    0

      http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0792QS66Q/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

       

      女優ミラー・・・買いました 笑

       

      何故って・・・老眼が進み、メイクがしにくくなったからですゆう★

       

      私は目が超悪く、乱視も少しあります。

      自宅では眼鏡ですが、外出するときのみコンタクトです。

       

      ここ数年ぐらい前からコンタクトを入れてからメイクすると近くが見えにくくなり、眼鏡をかけてメイクすると、かけたりはずしたりするのが面倒でストレスを感じてました。

       

      どうしたら良いものかと思ってネットで検索していたら、拡大鏡が良いという記事を見て、アマゾンで調べてこの商品を買いました。

       

      10倍のものもありますが、7倍で十分だし、私は今のところ5倍でも大丈夫なようです。

       

      LEDランプも付いているし、電池を入れても、USBでつなぐことも両方出来るので、とても便利。

      御値段も御手ごろ♪

       

      少しでも美しくありたい、と思うのが女心。

      そのために、あまり執着しない程度に自分のことを大切にしていきたいと思うのです。

      3ヶ月ぶりの受診

      2018.05.14 Monday

      0

         

        遅くなりましたが、4月の中頃に3ヶ月ぶりの受診に行きました。

         

        病気の状態としては、それほど変化もなく・・・

        順調と言っていいのか?

        再発してないってことは喜ぶべきことなのでしょう。

        左手の痺れとヒリヒリした痛みと時々気圧のアップダウンが激しくなるときに左足にまで痺れを感じることがありますが、それぐらいです。

         

        先生はプレドニンを10mgにしてあと半年飲み続けて、その後徐々に減らしていきましょう・・・ということでした。

         

        今後再発してしまったら・・・薬をゼロにする可能性はなくなってしまいそう。

        そうならないといいな〜

        長く薬を飲み続けると色々副作用が出てくるから・・・

         

        最近「顔がふっくらとしてきましたね」なんて言われるようになってきて・・・

        それは、病気の初期症状の時に吐き気がして食べられなくて体重が一気に落ちたので、その時に比べると・・・ということなのかもしれないけれど、私は薬の副作用だ・・・と内心ショックでした。

         

        実際、薬の副作用なのか、老化のせいなのか微妙ですけど Docomo_kao8

         

        でも、今のところ1年間再発せずに3ヶ月に一回の受診ですし、1回の支払いが1万を越えないぐらいで済んでます。

        だから、いいって思うことにしています。

         

        視神経脊髄炎は全国で約5000人いないぐらい?らしいのですが、少ないとみるか多いとみるかは別として、ブログなどを発信している人は前向きに後遺症があっても仕事も子育ても頑張っている人ばかり。

         

        私も落ち込んでなんていられないなぁって励まされています。

        だから、私も同じ病気や他の病気で頑張っている人の一人でも励ませたら嬉しいな・・・という思いで、病気の経過を報告しています。

         

        先のことを考えてもどうしようもない。

        それに考えると不安しか浮かばないですし。

        全ては自分の思い通りになんてならないし、そのことにイチイチ腹を立てていたら、自分を不幸だと呪うようになります。

        そして、周りの人がみんな幸せに見えて周りの人も呪うようになります。

         

        世の中なんて理不尽なことばかり。

         

        でも、今の自分に「ない」ことについて考えるのではなく「ある」ことについて考えると、沢山の「ある」に囲まれていることに気付くことができます。

         

        何か悩んでるときは「ない」ものを欲しがっているときだったり、「ある」ものをもっと欲しがっているときだったりしますから。

         

        無理にポジティブに生きる必要はないけれど、ポジティブなほうが楽しい。

        ネガティブな思いもときには必要だけど、それに支配されると自分も周りも不幸にしちゃいます。

         

        心も身体も柔軟に生きていきたい。

         

        次の受診は7月。

        それまで症状が悪いほうに変わらないことを祈りつつ、楽しく生活していきたいなき

         

         

         

         

         

         

         

        自分の敵は自分

        2018.04.18 Wednesday

        0

          ここずっと、

          「自分の敵は自分」だと実感することばかり。

           

          今年の目標は

          通販で服を買わない

          ですが

           

          最近、また買いたい病が復活してきているのです。

           

          だんだんと春めいてきて、明るい服が目に付く季節。

          手持ちの服の中にあまり明るい色の服が少ないので、なんとなく買い足したくなる気持ちに(笑)

           

          街に出ても試着が面倒なのでさーっと見るだけで結局帰ってきてしまうのですが

          通販サイトで可愛い服を見かけると「ウズ」っと心の中でざわめくものを感じます。

           

          まあ、ネットで買ったとしても自己申告しなければ誰にもバレないんだけど(笑)

          だから、心の中にいる悪魔が囁くのです「買っちゃえば?」と・・・

           

          誰も気にしちゃいないのだし、わからないよ、と。

           

          でも、わかっているんです。

          服が欲しいわけじゃないんです。

          何かで気持ちを切り替えたいだけなのです

           

          最近、また自分の思い通りにならないことや不安に感じることがあって・・・

          そのことから気を反らして逃げたいだけなのです、結局は。

           

          そう気付いても次から次へと心を乱す出来事がおきてますけど(苦笑)

           

          自分の敵は「自分」

           

          そのことに気付かずに欲望のままに好きなように自分勝手に生きていたら

          きっと、何も成長できない。

          成長すれば、次の課題が出てくる。

          そしてまたその課題をクリアーすべく頑張る。

          その繰り返し、終わりは無いのです。

           

          だから時々、疲れることもありますが。

           

          2018年もまだ1/4が過ぎただけ・・・

          頑張れ自分

          自分に負けないように!

           

           

          今年の目標

          2018.02.06 Tuesday

          0

             

            私・・・今年は「通販」で洋服を買うことをやめてみます!!!

            と、ここで宣言してみたりして(笑)

             

            病気になってから出来る限り今の生活を楽しむぞ!と思っているからなのか、もともと服が好きなほうだったからなのか、プチプラの服が世の中に蔓延しているからなのか・・・

             

            通販サイトで気に入った服を見つけるとついつい買ってしまい、買ったものの思ったほど似合わないとか、合わせる服がないとか・・・気付けば袖を通さない服が何着もありクローゼットが溢れかえっていました。

            長く着ていない服を処分しようとしても、もしかして、着るかも?と貧乏根性が出てなかなか捨てられず(苦笑)

            服ばかりがドンドン増えるばかり・・・

             

            仕事着はヨガの服だから通勤しているOLさんたちより絶対少なくて良いはずなのに、ついついポチっとしてしまう。まぁ、プチプラだからそれほど家計を圧迫しないというのもあり(昔に比べたら本当に安くて良い服が沢山ありますよね)さらに今後いつ何時どうなるかわからないのだから、今出来るオシャレをするんだ!という思いから、ここ1年は完全に麻痺してました。

             

            たまに街に出て、ショップで試着すると結構買わないのですが(着てみて「これ凄くいい!」って結構ない。普通というか別に似合わなくわないけどっていう感じが殆どだから)あと、歩き回ると疲れてくるし、試着って冬場は特に脱ぎ着するのが面倒。

             

            通販だとモデルさんが素敵に着こなしているので勘違いしちゃうんですよね。それと届くまでの時間もあるのかもしれない。

             

            実際届いて着てみるとモデルさんとはスタイルが違うのだから、それほど似合わなかったり、あとは素材が想像していたより違ったりして・・・。でも売るほど高くないので、そのうち着るかも?と捨てられずにそのままタンスの肥やしに。沢山あっても反対に何を着てよいか悩んでしまうし、どうにかしないと・・・と思ったときに通販サイトをやめてみたら?と気付いたのです。試着して失敗することはほぼないのだから、通販サイトで買うことをやめてみたら着ない服が増えることもないだろうと。

             

            決意した途端、あれほど買わずにいられなかったのに通販サイトを見ても心が動かされないことが不思議!

             

            慣習って怖いものですね〜。

             

            最近ランチした友達も偶然、「一年間服を買わない」という目標を立てたと聞いてビックリ!

            私はネットでの・・・ということなので、彼女よりゆるいけれど、ほぼ自宅にいて外に出る機会が少ない私にとってネットでの買い物を封印するということは彼女と同じぐらいの枷なのです。

             

            一年間この誓いを守ってみます!