停電生活を振り返って

2018.09.21 Friday

0

    北海道胆振東部地震から早くも2週間が経ちました。

     

    私の家は地震後ずぐに停電し、翌日の夜10時ちょっと前に停電解消となりましたので、約二日間電気なしの生活でした。

     

    テレビっ子なので、普段見ていなくても常にBGM代わりにテレビを付けています。

    なので、テレビがないと落ち着かず・・・

     

    単2電池がかろうじて4本あったのでラジオをつけることが出来て、情報はラジオだけが頼り。

     

    それにスマホが古くバッテリーがすぐになくなってしまうので、1日目の午後3時ぐらいにはバッテリーがなくなってしまいました。先月の22日に雷の影響で1時間ちょっと停電になったことがあり、その時、停電に備えないといけないな〜って頭の隅においていたのですが、まさか1ヶ月も経たずに停電するなんて・・・

     

    主人の会社は非常用電源があるので翌日スマホを持っていって充電してもらって、午後にはスマホが回復しましたが、家の電話が光回線なのでスマホが使えなくなると困りますね。モバイルバッテリーは後日購入しました。

     

    ガスと水は大丈夫だったので、なんとか生活できましたが。

    マンションに住んでる多くの人は水が出ないので大変だったみたいですし、オール電化の家なんかは料理が作れないのでもっと大変だったと思います。

     

    二日目にラジオで近くの銭湯がやっているという情報を聞き、夕方夫と夫の家族と行きましたが、めちゃくちゃ混んでて、洗い場で並んで10分近くたってから座ることが出来ました。きっと銭湯史上一番込んだ日だったのではないでしょうか?夜10時に復旧するとわかっていれば行かなかったんですけどね・・・

     

    でも、お風呂上りの炭酸飲料が冷たくて美味しかったなぁ〜

    冷えた飲み物も贅沢品なんだと気付かされました。

     

    冷凍庫には沢山食材が入っていたので、ほぼ悪くならずにすみました。鳥の胸肉は二日目の午後でもカチカチに凍ってましたので保冷剤代わりになると思います。

     

    あと、夕方料理を作るときにはヘッドライトが活躍しました。

    両手が使えるので災害時には必須アイテムだと思います。

    家には懐中電灯がありましたが、ランタンはなかったので、停電復旧後に購入しました。

     

    出来れば今後、これらの製品が活躍するような災害に見舞われないことを祈ります。

     

    病気をして自分の体が不自由になったとき、今まで自分は恵まれていたんだということを実感しましたが、今回は自分の力ではどうしようもない「電気」のことについて改めて考えさせられました。

     

    どれだけ電力に依存していたのか。

     

    今までの生活がどれだけ贅沢だったのか。

     

    そして私の仕事は皆さんの生活が安定した上で成り立つ仕事だということも実感しました。

     

    私が仕事ができるということはそれだけで凄く幸せで、そして贅沢なことなんだと改めて心に刻みました。

     

    もう、二度と大きな地震が起きないことを願いますが、今まで全然節電していなかったので、今後は節約にもなるし節電を習慣にしていきたいと思っています。パソコンや調理器具などはスイッチタップにしましたし、トイレもウォシュレットを使うときだけ電源を入れていますし、完全復旧するまではレッスン中は音楽を中止にしています。

     

    完全復旧したとしてもパソコンや調理器具などは今後も節電していきたいと思います。

     

    たった二日停電生活をしただけで、その後からだの調子がなんとなく悪くなり、ストレスを感じていたんだなぁ〜と思いましたが、まだ停電や断水だったり避難所生活を送っている方々の不安と不便を考えると心が痛くなります。

     

    今回のことでホーキング博士の言葉が心に染みました。

     

    人生は出来ることに集中することであり 出来ないことを悔やむことではない

     

     

    北海道が一日も早く元気になりますように・・・

     

     

     

    3ヶ月ぶりの受診

    2018.07.15 Sunday

    0

      前回から約3ヶ月後の受診を9日に行ってきました。

       

      気候が相変わらず不安定なことが多いせいか、結構頻繁に左足にしびれを感じることがあります。

      でも24時間以上継続した症状ではなく、再発ではないのでこのまま経過観察して、新たな症状が出たりしない限りはまた3ヵ月後の受診です。

       

      左手の痺れの度合いも良くも悪くもなく、血液検査でも問題ないので「現状維持」というところですね。

       

      薬は次の受診までプレドニン10mgを続けて、次回から減らすことになっています。

      10mg以下になれば顔のむくみが少し解消されるかな〜?と希望を持ち、3ヶ月を乗り切ります。

       

      これといった変化がないということは私にとっては良いこと。

      見た目にはわからないから、多くの生徒さんも私が病気だということ・・・忘れているみたい(笑)

      それぐらいがわたしには丁度良い。^^

       

      このまま三ヵ月後を無事迎えたいと思っています。

      ポジティブシンキングとは

      2018.06.14 Thursday

      0

         

        ヨガを始める前から私は比較的ポジティブに考えるほうでした。

        でも、今思い返すと、それは自分に都合の良いように考えるというか・・・思い込みというか。

        そんな考え方だったように思います。

         

        何か悪いことがあったとき「そのうちいいことがあるさ」という前向きな考えだけで、自分の考え方や受け止め方を変えようとするところまでは及ばなかったんです。

         

        「自分は悪くない、運が悪かっただけ」とか、友達に無視されたりして落ち込んでも「そんな友達ならいらない」という感じで、相手が誤ってくれば別ですが、自分からは歩みよることはありませんでした。

        何か悩み事があっても、たいていは寝て起きると「ま、こんなこともあるさ」という感じでリセットするというか、ポジティブというより「楽観的」だったのだと思います。

         

        ヨガをはじめてからは、嫌なことがあったら何か今の自分を良く変えるチャンスだと思うようになったので、今までだったら避けて通ったことをあえてチャレンジしてみたり、他の方法を探すことを試してみたりするようになりました。

         

        その結果、自分が苦手だと思い込んでいたことが実は上手く出来ることだったり、自分もできると思ったことが実は苦手なことだったり、自分がやりたいと思っていたことは人から良く思われるためだけで自分が好きでもないことだった・・・とか。

         

        そういうことにも気付くようになりました。

         

        ヨガの思想に触れるにつれ、哲学などにも興味がわいて、格言的なものに触れる機会が増えたのもあると思います。

         

        ポジティブに考えるということは、失敗や挫折を後で考えた時に「あのことがあったから、今の自分がある」と思えるように経験に変えて生きて行くということだと思います。

         

        今月のトイレとサロンに掲示してある格言は

         

        過ちがないことではなく 過ちを改めることを重んじよ」 吉田松陰

         

        失敗をしたとき、そのことを隠すのではなく、しっかりと自分の失敗と向き合うことが必要なのですよね、松蔭先生。

        何故失敗したのか、自分はどこで間違ったのか、改善するべき点は何かということを逃げずに考えることが大切なんだと思います。

         

        話題になったアメフトの問題なども、過ちを隠そうとしたことでより大きな問題になったと思います。

        過ちを認め、改めるようにしていたら・・・ここまで大きな問題にはならなかったと思うのです。

        加害者の選手はすぐに自分の過ちを認め、改めようとしました。

        もちろん、仕方なかったとはいえ、やったことは悪いことです。

        でも、そのことに気付き、自分の罪と向き合い、勇気を出して会見しました。

         

        失敗しても、その後どうするか・・・で、その後の人生が大きく変わるんです。

         

        正直、誰かのせいにしたり世の中のせいにするのは簡単です。

        だって、理不尽なことは沢山あふれていますから。

        でも、そこをぐっとガマンして、簡単なほうに逃げずに”これは自分の考え方受け止め方を変える良い機会”だと思えるかどうか。

         

        なかなか難しいけれど、そうしない限り本当の意味での成長はありません。

        上手く行っているのはたまたまかもしれないけれど、失敗を経験に変えた結果上手く行っているのは成長だと思うのです。

         

        いくつになっても成長できる人でありたいです。

         

         

         

        女優ミラー

        2018.05.20 Sunday

        0

          http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0792QS66Q/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

           

          女優ミラー・・・買いました 笑

           

          何故って・・・老眼が進み、メイクがしにくくなったからですゆう★

           

          私は目が超悪く、乱視も少しあります。

          自宅では眼鏡ですが、外出するときのみコンタクトです。

           

          ここ数年ぐらい前からコンタクトを入れてからメイクすると近くが見えにくくなり、眼鏡をかけてメイクすると、かけたりはずしたりするのが面倒でストレスを感じてました。

           

          どうしたら良いものかと思ってネットで検索していたら、拡大鏡が良いという記事を見て、アマゾンで調べてこの商品を買いました。

           

          10倍のものもありますが、7倍で十分だし、私は今のところ5倍でも大丈夫なようです。

           

          LEDランプも付いているし、電池を入れても、USBでつなぐことも両方出来るので、とても便利。

          御値段も御手ごろ♪

           

          少しでも美しくありたい、と思うのが女心。

          そのために、あまり執着しない程度に自分のことを大切にしていきたいと思うのです。

          3ヶ月ぶりの受診

          2018.05.14 Monday

          0

             

            遅くなりましたが、4月の中頃に3ヶ月ぶりの受診に行きました。

             

            病気の状態としては、それほど変化もなく・・・

            順調と言っていいのか?

            再発してないってことは喜ぶべきことなのでしょう。

            左手の痺れとヒリヒリした痛みと時々気圧のアップダウンが激しくなるときに左足にまで痺れを感じることがありますが、それぐらいです。

             

            先生はプレドニンを10mgにしてあと半年飲み続けて、その後徐々に減らしていきましょう・・・ということでした。

             

            今後再発してしまったら・・・薬をゼロにする可能性はなくなってしまいそう。

            そうならないといいな〜

            長く薬を飲み続けると色々副作用が出てくるから・・・

             

            最近「顔がふっくらとしてきましたね」なんて言われるようになってきて・・・

            それは、病気の初期症状の時に吐き気がして食べられなくて体重が一気に落ちたので、その時に比べると・・・ということなのかもしれないけれど、私は薬の副作用だ・・・と内心ショックでした。

             

            実際、薬の副作用なのか、老化のせいなのか微妙ですけど Docomo_kao8

             

            でも、今のところ1年間再発せずに3ヶ月に一回の受診ですし、1回の支払いが1万を越えないぐらいで済んでます。

            だから、いいって思うことにしています。

             

            視神経脊髄炎は全国で約5000人いないぐらい?らしいのですが、少ないとみるか多いとみるかは別として、ブログなどを発信している人は前向きに後遺症があっても仕事も子育ても頑張っている人ばかり。

             

            私も落ち込んでなんていられないなぁって励まされています。

            だから、私も同じ病気や他の病気で頑張っている人の一人でも励ませたら嬉しいな・・・という思いで、病気の経過を報告しています。

             

            先のことを考えてもどうしようもない。

            それに考えると不安しか浮かばないですし。

            全ては自分の思い通りになんてならないし、そのことにイチイチ腹を立てていたら、自分を不幸だと呪うようになります。

            そして、周りの人がみんな幸せに見えて周りの人も呪うようになります。

             

            世の中なんて理不尽なことばかり。

             

            でも、今の自分に「ない」ことについて考えるのではなく「ある」ことについて考えると、沢山の「ある」に囲まれていることに気付くことができます。

             

            何か悩んでるときは「ない」ものを欲しがっているときだったり、「ある」ものをもっと欲しがっているときだったりしますから。

             

            無理にポジティブに生きる必要はないけれど、ポジティブなほうが楽しい。

            ネガティブな思いもときには必要だけど、それに支配されると自分も周りも不幸にしちゃいます。

             

            心も身体も柔軟に生きていきたい。

             

            次の受診は7月。

            それまで症状が悪いほうに変わらないことを祈りつつ、楽しく生活していきたいなき